老人ホームの種類とサービスの違い

有料老人ホームの種類

一口に有料老人ホームといっても様々な種類に分かれます。しっかりその種類を把握しなければ、せっかく入居した有料老人ホームが全く求めるものと違うなんてことがおきてしまいます。

そのためにもしっかり有料老人ホームの種類を把握しておく必要があるのです。

有料老人ホームの種類を知る

有料老人ホームは大きく分けて以下の3つの種類に分けることが出来ます。

どのタイプがどういうサービスを行っているのかしっかりチェックしときましょう。

健康型有料老人ホーム

健康型有料老人ホームは、元気で自立した高齢者の方が利用する有料老人ホームです。食事や掃除などのサービスを受けることが出来ますが、介護サービスは提供されません。入居の条件も、自立して生活できる方たちとなっています。

備考

もし入居後に介護が必要な状態となったら、契約を解除して退去しなければなりません。有料老人ホームによっては、介護つき有料老人ホームの併設やグループ運営などによってスムーズに移動できる場合もあります。主に、1人暮らしが不安だったり、老後を楽しんだりしたいという高齢者の方が入居する有料老人ホームです。
住宅型有料老人ホーム
住宅型有料老人ホームは、健康型有料老人ホームと同様、食事等のサービスがついた有料老人ホームです。健康型有料老人ホームとの決定的な以外は、住居型有料老人ホームでは介護が必要になった際、外部の介護サービスを受けながら入居し続けることが可能ということです。

そのため、日常的には生活支援を重視したサービスを有料老人ホーム側から受け、介護については外部の介護サービスから受けるという形になります。

介護つき有料老人ホーム

介護つき有料老人ホームとは、介護保険で定められている基準を満たして「特定施設入居者生活介護」の指定を受けた、充実した介護ケアーを受けることができる有料老人ホームです。介護つきなので、介護が必要な高齢者の方も入居して、介護や食事などのサービスを受けることが出来る有料老人ホームです。

介護保険で定められている基準とは、入居者の要介護の方3人に対し、介護や看護職員が最低1人以上配置されているというものです。介護月有料老人ホームは、介護の受け方によってさらに2つのタイプに分けられています。

recommend

恵安株式会社

和婚 京都

Last update:2017/8/22

Copyright(C) 有料老人ホーム Basic Information. All Rights Resreved.