老人ホームスタッフとして働く

老人ホームで実際に働いてる人たち

有料老人ホームでは、多くの職種の方が働いています。具体的には、介護職員をはじめとして、介護福祉士、生活相談員、介護支援専門員(いわゆるケアマネージャー)、事務職員、調理員、管理栄養士、看護師、医師、理学療法士などです。これらは介護保険とも密接に関係しているので要チェックです。目指せ!介護福祉士と考えて勉強を続けている若者も是非。

どの職種の方も、有資格者が採用の必須条件となっていることが多く、非常に高い専門性が求められています。
看護職員の仕事内容
仕事内容としては、食事や入浴、排泄などの日常的な生活介助から、レクリエーションの企画やサークル活動の運営なども行います。

また日常的には、生活介助だけでなく話し相手になったりすることも重要な仕事です。 健康型有料老人ホームでは、希望に応じて買い物や外出などの付き添いをすることもあります。

ほとんどの有料老人ホームで、介護職員は24時間体制をとっているため、勤務する介護職員も夜勤がある場合がほとんどです。変則的な勤務時間を、介護職員を取りまとめている長がシフト管理するという形態をとっています。

備考

ホームヘルパー2級、出来れば1級を終えている、もしくは介護福祉士の資格があると、より有利に働けますし、仕事内容にも充実感が出てくることでしょう。
生活相談員の仕事内容
入居希望者の家族への有料老人ホームの説明や受け入れ、入居後の様々な相談等を請け負います。有料老人ホームによってはケアマネージャーが兼務していたり、生活相談員が病院などへ営業をしたりすることもあります。

さらに介護保険の請求業務などの事務処理もすることが多く、いわゆる一般雑務も増えます。ですから、生活相談員は有料老人ホームの細部にまで詳しく把握して仕事をすることになるでしょう。
備考2
基本的に勤務形態は介護職員と同じですが、夜勤はないので、規則的な勤務形態となります。この生活相談になるには、社会福祉主事か社会福祉士の資格を持った方が多くなっています。
看護職員の仕事内容
有料老人ホーム入居者の健康管理だけでなく、医師との連携や服薬管理、カルテ管理など事務的な業務から看護業務までを管理することが多く、医療にかかわる事柄についてはほぼすべての事柄にかかわることが要求されます。
また入居者の急変時には、まず看護職員が対応しなければならないため、看護師の資格が必要とされます。 勤務形態は、有料老人ホームによっては24時間体制をとっているところもあります。

それにより医療の充実をうたっているためです。一般的には日勤のみという有料老人ホームが多くあります。やりがいはありますが、介護職員との連携が難しいという短所もあります。
最後に
その他様々な職種の方が有料老人ホームで働いています。専門的な資格を持った方が、連携を取り合いながら仕事をしていくことを要求されているため、職員同士の人間関係が非常に重要になる職場といえるでしょう。

check

髪質を知る
http://www.dxqzz.com/
お葬式
http://www.osoushikiconcier.com/
埼玉にある貸事務所
http://saitama-tenanto.com/

最終更新日:2015/11/24

Copyright(C) 有料老人ホーム Basic Information. All Rights Resreved.