老人ホームの選び方

選ぶ基準はどこに?

有料老人ホームは数多くありますし、一生の終わりを迎える場所になる可能性の高い場所です。ですから、その選択は非常に慎重に行なう必要があり、焦ったり急いだりして結論を出すべきものではありません。

有料老人ホーム選びに際して家族でよく相談し、見学や体験入居を活用しながら、納得いった有料老人ホーム選びをするということが、最も重要で大前提となっている事柄です。1人で決めたり、「まぁ、いいか」という気持ちで有料老人ホームの決定をしたりすることだけは、絶対にやめましょう。

選ぶ際のポイント

有料老人ホームを選ぶということは、祖父や祖母、もしかしたら自分の両親を入居させるケースかもしれません。 有料老人ホームを選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。以下にあげるポイントをしっかり抑えて念入りに老人ホーム選びをして下さい。
運営理念 入居費用 立地条件 入居条件 規模と設備 医療体制 介護サービス 施設の雰囲気 退去用件 経営状況

これらは、パンフレットからではわかりません。実際に足を運んで、出来ることなら入居者に話を聞いたりして、実際にはどのような有料老人ホームなのかよく調べてみることが必要です。またどのポイントにしても、今気に入るかどうかということも重要ですが、それだけでなく10年後、20年後にも住み続けていられるかどうかという長期的な視野を持って検討する必要もあります。

そのためにも、いくつかのポイントがある中でも、絶対に譲れないところと、柔軟に対応してもよいと思われるところを家族内で明確にしておかなければなりません。それでも見つからないなら、自分で有料老人ホームで働くことを考え、内部から情報を得るという手段をとるなど、とにかく努力が必要です。


備考

有料老人ホームを選択するにあたって忘れてならないのが、何のために有料老人ホームに入居することにしたのかということです。これは、有料老人ホームの検討が始まったときから施設を決定するまで、ずっとかかわることですし、重要なことです。有料老人ホームの選択は家族の意思と同様、本人の意向を十分に反映したものに出来るようにしましょう。

pickup

植毛するなら

Qoo10の紹介

Last update:2017/7/20

Copyright(C) 有料老人ホーム Basic Information. All Rights Resreved.